ボルドー47周年 記念ワイン会   2017/06/24   
 
 

前回、久しぶりに土曜日にワイン会を開催したら 受付2時間位で

予約が埋まってしまい 有難うございました。

 

 お客様に 土曜日のワイン会は?と、お尋ねしたら

翌日が休みだから ゆっくり のんびり楽しめると言うことでした。

なので、今回も土曜日に ワイン会を開催します。

 

今月の6月20日が ビストロ・ボルドーの開店 47周年に当たりますので

奮発して、シャトームートン・ロスチャイルドを開けようかと思っております

 

開催日は 2017年6月24日(土曜日)

時間は    19時 ~

会費は   ¥17000 です 

  もちろん ワインに合わせた フルコースです。

予約電話番号は 03-3400-5949  18時より受け付けます

 

今回のワインリストは ムートンの前も お楽しみです では、ご紹介します

 

1)アンリオ・ブリュットスーヴェラン
まずは、シャンパンです

2)次は、シャトー ラグランジェの 白ワイン
シャトー レ・ザルム・ド ラグランジェ

3)3本目は グラーブの古酒の 白ワイン
1999年 シャトー レ・オー ド スミス (ペサック・レオニャン)

4)コミック本 神の雫にも載った 古酒だけど カジュアルに楽しめるワイン
 1989年 シャトー ベレール ラ グラーブ 平成元年産

5)サンテミリオンのこの際だから 古酒・お出しします
2000年 シャトー ド・リュサック メルロー80%の ワインです

6)最後の締めは お待ちかねのムートンです 何年??
1995年の シャトー ムートン・ロスチャイルド   フランス読みだと ロッチルド
果実の純粋さが傑出した年で有り 厚みのある味わいと 永く余韻を
備えた まさに 今、飲み頃の1本だと思います。パーカーポイント95点

  エチケットを書いた画家は アントニ・タピエス

 カタルーニャ人画家・で彫刻家。どの学派にも属さないタピエスの芸術は

 無理矢理に制御したカオスのイメージの反復であり 現代の争点を徹底的に表現。

 彼自身は自らの作品を「無数にキズが増えていく戦いの場」と定義しています

 1995年のラベルに描かれたのは、明るい赤色のデッサンで

 ひとつの鼻、ふたつの心臓、ひとつの口、ひとつの目。

これはグラン・ヴァンが約束する感覚の祭典をユーモアたっぷりに表している絵だそうです。

 過去に、開催したワイン会のリストと MENU