うちのワインは頭が痛くなりません

ワインを飲むと頭が痛くなる人が多いのにびっくりしました。

特にたくさんの女性が「ワインは体に合わない」と思っているようです。


それでは、「ワインがかわいそうだな」と、思いました。ワインにとってこれは濡れ衣です。
   自然派、適なワインなら頭は痛くなりません


では、なぜ?
そう。日本の小売市場では 安く売っているワインなどは 安く輸送するため、
温度管理輸送などしていないものがほとんどのため、
アラビア湾やインド洋、南シナ海など、熱帯で40℃を越え、高温にさらされ、
日本国内でも、トタン1枚の問屋の倉庫、炎天下のトラック、
小売店でも棚ざらし、直射日光。
この条件でワインをもたせるために、大量の
合成保存料が使われるのです。

合成保存料はメタ重亜硫酸カリウムと 
ソルビン酸が使われています。

メタ重亜硫酸カリウムは日本の業界では「メタカリ」と呼ばれています

ソルビン酸はよくイタリアワインに使われており、ラベルにもそのまま表示されています。

問題はメタカリで、この薬品を
赤ワインに加えると液体中で化学反応をおこし、
亜硫酸塩(SO2)になり、ワイン全体によく行き渡るのです。
ラベルには「メタ重亜硫酸カリウム」ではなく「亜硫酸塩」(SO2と表記されます

つまり、
伝統的に使われてきた硫黄を燃やした気体(SO2)と同じなのです
 
これはメーカーサイドに立った行政によるごまかしと感じられます。

亜硫酸塩自体、有害な物質です。 
こんな物質が大量にワインの中に隅々まで行き渡って
含まれていると、頭が痛くなったり、喉が炎症をおこしたりして当然です



オーガニックワインでは、ソルビン酸やメタカリなど一切合成保存料の使用は禁止。
ワイン液体中で合成した亜硫酸塩でなく、
ほかで硫黄から作った二酸化硫黄を加えることだけが許されています。
その量もEUの通常ワインの半分以下。厚生省基準の1/4以下です。


だから、と言って 
当店ではオーガニックワインだけを 扱っているわけでは有りません
良識あるヨーロッパのワイン栽培者たちの 自然派栽培等を行っている
ドメーヌから 仕入れる業者さんから 仕入れています
 良識あるヨーロッパのワイン栽培者たちは最低限の
二酸化硫黄(SO2)を。
ワイン醸造で伝統的に使われてきたものだけ) を使用するわけです、

当店では 当然こう言う 温度管理をおこなわなければ流通に
耐えられないワインのみを 扱っています。
流通業者がワインの耐えられる環境(10℃台の温度、70〜80%の湿度、
なるべく光を当てない、振動を与えないを、用意して
輸入するのは当然と思っています。
なお、店でサービスする時に SO2が感じたら
無くなるまで塩づけして so2が感じなく成ってから
(4,5年は寝かせておいてから)
お客様にお出ししております。


こういう「本物の」ワインなら、頭が痛くなることはほとんどありません。

もちろん、量を過ごして

アルコールによって、頭が痛くなるのは別です。

一人(750ml)位でしたら、頭が痛くなると言うことはありません。
用途
二酸化硫黄は抗菌作用があるため、食品添加物としてアルコール飲料や
ドライフルーツの保存料、漂白剤、酸化防止剤に使われている。腐敗を防ぐためというより、
見た目を保つために用いられることが多い。

ドライフルーツは独特の風味を持つが、二酸化硫黄もその一因となっている。
ワイン製造にも重要な役割を果たしており、ワイン中にもppm単位で存在している。
抗菌剤や酸化防止剤の役割を果たし、
雑菌の繁殖や酸化を防ぎ、酸性度を一定に保つ手助けをしている。


フランス国内でワインを飲んだらボトルに酸化防止剤添加と表記されていなかったので、
フランス国内消費ワインには酸化防止剤が入っていないのでは?という話を複数の人から
耳にしたことがあるが、実際には表記する必要がないだけでちゃんと入っているわけ。

日本ではなぜか「酸化防止剤無添加ワイン」なるものがいくつか作られてるが、
実は発酵段階で亜硫酸塩が酵母によって作られるため、無添加ワインと言えども
亜硫酸が検出されることだろう。
無添加ワインが本当に美味しいかどうかは、個人の好き嫌いの問題だと思うが、
飲み残すことができない(翌日になると劣化すること間違いない)という点から、
扱いにくいワインとも言える。

以前、某チェーンの居酒屋で「無添加ワイン」を新入荷してグラス売りいたのでさっそく注文してみた。
初日はさすがに美味しかった。おそらく抜栓直後のボトルから注がれたのだろう。
しかし次回にもまた注文してみたら、予想通り劣化した香り、ぶどうの傷んだ香りになっていた。
当たり前といえば当たり前なのだ。

フランスではオーガニックワインが注目を浴びているが、そういった
オーガニック(有機農法)ワインでも、亜硫酸無添加とはうたっていない。
あくまでも、亜硫酸添加を「最小限にして」作ったと書かれているのだ。
それゆえ、ワインの腐敗をふせぐためにクリーンな醸造設備を管理維持したりと
コストがかかるため、値段は高めになる。

たしかフランスのワイン法では、ワインつくりでは必ず亜硫酸塩を添加しなければならない、
と定められていたはずである。

長期熟成型の高級ワインが、10年、20年という長い熟成によってだんだんよくなっていくのは、
影で瓶内の亜硫酸が頑張っているからなのだ。食品衛生のためだけでなく、
偉大なるワインを堪能する幸せのために、
酸化防止剤は欠かせない添加物なのである。